OCTANORM JAPAN

HOMENEWSコロナ用ワクチンセンターのコンセプト

  • BLOG
  • NEWS
  • コロナ用ワクチンセンターのコンセプト


    ヨーロッパではワクチンセンターの開設が既に始まっています。

    オクタノルム社はワクチンセンターのコンセプト+資材をセットで提供することが出来ます。

    この「コンセプト」は、ドイツ政府、州健康保険協会、地方自治体などと連携し、政府公認の推奨事項を満たすよう修正が重ねられました。

    弊社のシステムパーテイションは、どのような会場サイズにも個別に適合でき、使用後はコロナ以外のワクチン接種センターや緊急時の宿泊施設などのプロジェクトに使用することもできます。

    ワクチンセンターをオクタノルムシステムで構築するメリット:

    1.組立、解体が迅速簡単

    2.既存の壁や床に固定穴を開けず傷つけない

    3.レイアウトを変更し、何度でも使用が可能

    4.導入の際の問題点・改善点などの情報が常にアップデートされる

    特に4番の“情報アップデート”については、他社では入ってこない情報がドイツ・オクタノルム本社より直接入ってくるため、日本国内ではクオリティの高いコンセプトを効率よく提供できる自信があります。

    練り上げられた衛生コンセプトにより、関係者全員が安全かつ効率的にワクチン接種を受ける/関わることができます。

    <カッセル市ワクチンセンター紹介動画>

    ワクチンセンターでの工程(以下は実施例です)

    1.受付:ワクチン接種招待状を身分証明書と照らし合わせ本人確認 

    2.待合室にて待機(その間問診表記入やビデオ説明) 

    3.医師による説明、問診 (3と4は同時に実施する場合もある)

    4.接種ルームにて看護師よりワクチン注射(医師が行うケースも) 

    5.経過観察室にて約30分待機

    6.ワクチン接種証明書を受け取り終了(1回目と2回目の接種識別できる形)

    <ワクチンセンターレイアウト例>

    導線は他人との接触が最小限となるよう、一方通行で、分かりやすく表示され、冷凍ワクチンのための保管スペースが用意されています。

    ワクチン接種自体の時間は約2~5分、その他の待機、問診、接種後の経過観察などの全ての時間を合わせると、45~60分がワクチンセンターに一人が滞在する時間の目安です。

    センターのオープン時間は週7日、8時~20時(8~14時と14~20時の2シフト制)、3つのシフトグループで交代しながらセンターを休みなく運営。

    その他地元警察や消防署との連携、優先順位別に市民に届くワクチン接種招待状(or事前予約システム)の準備、センターまでの誘導看板、センターの家具、清掃サービスなど、様々な準備が必要です。

    大規模ワクチンセンターの開設は多くの作業と費用が必要となります。

    それでもこのようなこのようなセンターを計画・開設しない限り、短期間に国民の多くがワクチンを接種し、集団免疫を獲得することは難しいでしょう。

    他国では体育館などの大きなスペースに僅かな仕切りと椅子を置いて「ワクチンセンター」としている場所もあります。それらの会場は一見シンプルで安価に開設できそうですが、仕切りが少ない為会場での感染リスクが高い、来場者のプライバシーが守られない、誘導員、説明員、監視員が相当数必要となる、医師、看護師、スタッフにストレスがかかる、などのデメリットがあります。

    日本のように人口が多く、スペースが少ない国においては、緻密な導線計画をとりいれた会場レイアウトを現実することで、結果的に安全で効率的なセンターの運営が可能になります。

    ワクチンセンターカタログ
    ワクチンセンターカタログ 
    第二段

    オクタノルムジャパンではワクチンセンター設立に適した部材を取り扱っています。ワクチン接種キャビン一つからでも供給可能ですので、お気軽にご連絡ください。

    株式会社オクタノルムジャパン ワクチンセンター担当

    info@octanorm.co.jp / TEL: 045-511-8144

    以下、オクタノルムシステムを使ったワクチンセンターの事例集

    (2020年12月施工および開設)

    <バーデンヴュルテンベルク州 / Stuttgart 歌堂 >
    <ラインラント・プファルツ州 / Frankenthal 体育館>
    <ロバート・ボッシュ病院内 Stuttgart>
    <バイエルン州インゴルシュタット / Orbansaal>